サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.05.12.更新

自分のものは自分で守る - 防犯対策あれやこれや

防犯システム そこまでやるか?!

この鉄格子の入ったベランダ。別にここに犯罪者が住んでいるわけではありません。泥棒に入られないための自己防衛なのですが、なんだか自分が犯罪者になった気分になりそう・・・。
この鉄格子の入ったベランダ。別にここに犯罪者が住んでいるわけではありません。泥棒に入られないための自己防衛なのですが、なんだか自分が犯罪者になった気分になりそう・・・。
 泥棒の知り合いはいませんが、泥棒に入られたことのある知り合いなら数え切れないほどいるこちら、ポーランド。よって盗難防止対策は当たり前。鍵のシステムが多少違うので、ピッキングで家屋侵入されたという話はあまり聞きませんが、ドアの外枠を丸ごと切り抜いて(!)玄関から入る泥棒もいるというからスケールがデカイ!

 普通の団地の中の住居でも、ポーランドではドア自体を付け替える家庭が少なくありません。ドアも防犯と防音効果のある分厚いドアから、鍵のノブを回すと、ドアからドア枠にかけて上部と側面部にポールが飛び出し、ダブル施錠効果のあるものを使用している人もいます。また、ベランダにも『そこは家ですか?拘置所ですか?』と聞きたくなるような鉄の柵をはめている家もあります。 
 
 そこまでしなくても・・・という考えは甘い。昨年、実際にあった話で、ある男性がイギリスに出稼ぎに出かけていた時の話。その男性が一時帰国したら、家の中がもぬけの殻だったという事件がありました。お隣さんに連絡にいったら、見覚えのある家具が何故かお隣さんの家にあるじゃありませんか。怪しんだこの男性、警察と一緒に、近所を回ったら、あちらこちらの家で見つかる自分の家具!なんと、この団地の住民たち、この男性が外国に行っている間に、彼の家に入り好き勝手に気に入った家具を持ち出していたとか。
戸建ての家についている、セキュリティーシステムのマーク。このマークがついてるからって100%安心はできないけど、多少の効果は期待できるのでしょうか。
戸建ての家についている、セキュリティーシステムのマーク。このマークがついてるからって100%安心はできないけど、多少の効果は期待できるのでしょうか。
この橋を渡って向こうの家に泥棒に入るのはかなりハイリスク。(橋がすでにボロボロ)これって、ナチュラルな防犯装置かしらん・・・。
この橋を渡って向こうの家に泥棒に入るのはかなりハイリスク。(橋がすでにボロボロ)これって、ナチュラルな防犯装置かしらん・・・。

防犯対策 いろいろ

近所の番犬。いやぁ、この顔で『何か御用?』と聞かれてしまうと窃盗意欲がそがれること間違いなしだと思うのですが、いかがでしょう。
近所の番犬。いやぁ、この顔で『何か御用?』と聞かれてしまうと窃盗意欲がそがれること間違いなしだと思うのですが、いかがでしょう。
 戸建ての家になりますと、何かしらの防犯対策を立てるのは必須です。一番コストがかからないのは、いつも家族の誰かが家にいること・・・。しかし、こんなこと不可能です。中には、外出時にアラームをセットすると、不在中に家の中で何かが動くとセンサーが作動し、個人の携帯電話に連絡してくれるものもありますが、犬や猫が家の中でフリーで走り回るのが普通のポーランド、こんなセンサー役に立ちません。その上、誤作動も多いそうですのでアラーム鳴りっぱなしということでしょうか。

 ということで、一般的なのはセキュリティー会社と契約をし、非常時には会社のほうから連絡がきて、セキュリティー会社が一定時間内に現場に到着するというもの。このシステム、街中の戸建ての場合はいいのですが、郊外、田舎などになりますとセキュリティー会社の人が非常時に現場につくまでに時間がかかるそうです。そりゃぁ、意味がない・・・。

 我が家の防犯対策は、犬とご近所への連絡。泊りがけで外出のときはお隣に声をかけるのが基本中の基本。近所さんの目は時にセキュリティー会社より高性能です。
 それにプラスα、我が家は玄関のドアを開けますと、シェパードが飛び出ますので、それを知っている小包配達人、郵便配達人などは、我が家の敷地には絶対入りません。知らない人は、敷地の中に入り、内側のドアベルを押しますが、ベルに反応する我が家の犬。ドアの確認穴から、急ぎ足で敷地外に出てドアを閉める人を何度と見たことか・・・・。あえてシャパードがいる家に泥棒に入ろうとするチャレンジャーはまだいないようで、今のところこの界隈では珍しく泥棒に入られたことのない我が家。

 ん?もしかして、これ犬のおかげというよりは『あの家には金目のものが全くない』という真実に近い噂が流れているのかも・・・。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

日本人の私、好かれてる? 07.21.
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
待っていました。バカンス到来! 07.07.
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。 06.23.
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
結婚シーズンの6月。結婚した証は何? 06.09.
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
彼女が離婚を選んだわけ 05.26.
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?